忍者ブログ
「シルバーレイン」麒麟寺いろ香(b04290)とネフティス・ヘリオポリス(b31266)の覚え書き等々。「シルバーレイン」をご存知ない方は回れ右をお勧めします。



[19]  [17]  [16]  [18]  [13]  [12]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな子供には広すぎる部屋の中、几帳面に背筋を正して座る。
誰も見ている者などいない。けれど、そうするように言われていたから。

…ここに来て、どのくらい経っただろう。

見上げるほどに高い小さな窓から射す光を眺め、
いろ香はぼんやりと考えていた。

毎日ただただ与えられる食事と、勉強を教えに来る先生。
同じ事をひたすら繰り返すだけの毎日に、
すっかり時間の感覚など無くなっていた。

日は既に落ちかけていた。
小さな窓から射す光が、沁みるように眩しい。

時々庭に出してもらう以外は、ずっとこの薄暗い部屋の中だ。
大好きなお祖父様にももうしばらく会っていない。

…自分はこの家にいてはいけないんだな…。

ぼんやりと、そう思った。
幼いいろ香でも少しずつ気付き始めていたのだ。
恐らくこうなった原因は、あの白い花だという事に。


不意にふわりとひとひら、いろ香の中から「それ」が現われた。
目の前をひらりと舞い、薄暗闇の中で淡く光る。

「それ」のせいでこうなった事を詫びて慰めているようにも、
「それ」に抗う事の出来ないいろ香を嘲笑っているようにも見えた。

その様を虚ろに映す、青紫の瞳。

…日は暮れ、今日もまた宵闇が訪れる。
より暗さを増す部屋の中、ただ無意味に流れる時間。

そうして少しずつ少しずつ…けれど確実に、
幼いいろ香の中のとても脆い何かが、崩れて欠けていった…。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
取り扱い説明
■キャラ設定やら何やら置いてあります。極稀に背後もしゃべります。極端なアンオフィになるようなものは無いと思いますが、苦手な方はご注意下さい。 ■リンクやらコメントやらはご自由に~。 ふつーに喜びます。
■このブログに掲載されているイラスト作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は「はち」に、著作権は各イラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
いろ香/ネフティス
性別:
女性
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]