忍者ブログ
「シルバーレイン」麒麟寺いろ香(b04290)とネフティス・ヘリオポリス(b31266)の覚え書き等々。「シルバーレイン」をご存知ない方は回れ右をお勧めします。



[20]  [23]  [22]  [14]  [15]  [19]  [17]  [16]  [18]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は一体、何月何日なのか。
暦を知るようなものはここには無く、外の景色すらろくに見る事はできない。
俄かに冷え込み始めた空気だけが、冬が近い事を感じさせる。

うっすらと寒い部屋の中でいつものように目を覚ますと、
ふと、枕元に何かが置いてある事に気付いた。
それを見るや、いろ香は複雑な心中を露わにする。

…ああ、今日は、十一月十一日なんだ…。

困惑とも悲哀ともつかぬその表情は、
凡そ誕生日の贈り物をもらった少女のそれではなかった。

毎年決まって、枕元に置かれている贈り物。
「誕生日おめでとう」と、母の字で書かれたカード。
中身はいつも、古典文学の本だ。

…素直に喜べばいいのかも知れない。
でも、いろ香にはそれが出来なかった。

自分をこんな所に閉じ込めて、滅多に顔を合わせる事すらない。
それなのに、律儀に誕生日だけは贈り物を寄越す両親。

自分を疎んでいるのではないのか? 
どうしてこんな贈り物をしてくるのか…。
こんな所に閉じ込めておくほど疎ましいのなら、
もう本当に放っておいてほしい。
中途半端な哀れみのようなものは、かけないでほしい…。

……そうでないのなら。もしかして、本当は…。


いっそ突き放してほしいという気持ちと、
まだ完全に見放されているわけではないのかも知れないという淡い期待が、
濁流のように流れ、混ざり合う。

考えれば考えるほどわからなくなり、
いつしかそれに対する思考は遮断されるようになった。
そしてただ、解せない気持ち悪さだけが残る。

本当は、両親はただ純粋に祝ってくれているのかも知れない。
でも自分はそれを、素直に喜べない。
嬉しいはずの誕生日に、どうしてこんな気持ちにならなければいけないのか…。

…誕生日なんて、もう来なければいい…。

どうにもならない感情を持て余し 心の中で何度も何度もそう唱えると、
何故だか、忘れたはずの涙が溢れて頬を伝うのだった…。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
取り扱い説明
■キャラ設定やら何やら置いてあります。極稀に背後もしゃべります。極端なアンオフィになるようなものは無いと思いますが、苦手な方はご注意下さい。 ■リンクやらコメントやらはご自由に~。 ふつーに喜びます。
■このブログに掲載されているイラスト作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は「はち」に、著作権は各イラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
いろ香/ネフティス
性別:
女性
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]