忍者ブログ
「シルバーレイン」麒麟寺いろ香(b04290)とネフティス・ヘリオポリス(b31266)の覚え書き等々。「シルバーレイン」をご存知ない方は回れ右をお勧めします。



[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [2]  [1]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

じりじりと焼け付くような日差し。
木陰に寄り添う二人。

周りの暑さなどそこには存在しないかのように、
木陰の中には爽やかな空気が流れていた。

誰も来ない、二人だけの秘密の場所。
乾いた砂と繁る緑の同居するそこで ただただ二人で時を過ごすのが、
少女にとって何よりの幸せだった。

青年は大きすぎるその体躯を木の幹にもたれかけ、
それと同じように少女は褐色のその身を青年に預けている。

…いつの間にか浅い眠りに落ちていた少女は、ふと目を覚ます。

不意に不安を感じ、青年を見上げ、その大きな手に自分の細い手を重ねる。
その様子に気付いた青年は、何も言わずただ笑みを向ける。
互いの指には、木漏れ日に光る指輪。
…確かに彼はいる。別に、何の不安を感じる事もない。

急に自分のした事がばかばかしく思えて、少女はくすりと笑う。
もう少し眠るといい、と促すように、青年は少女の頭を軽く撫でた。

二人は、一言も言葉を交わす事はない。
それでも十分に、互いの気持ちは通い合っていた。

「セト……」

甘い吐息のように、少女は青年の名を呼んだ。
彼に聞こえない事はわかっていたが、
ただ溢れてくる気持ちを口に出さずにいられなかった。
細められた黒曜石のような瞳に、光が差す。

再び頭を撫で笑みを向ける青年に、
少女はにこりと微笑み返しまた浅い眠りの中へと落ちていく。


少女がその優しい笑顔を見たのは、それが最後だった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
取り扱い説明
■キャラ設定やら何やら置いてあります。極稀に背後もしゃべります。極端なアンオフィになるようなものは無いと思いますが、苦手な方はご注意下さい。 ■リンクやらコメントやらはご自由に~。 ふつーに喜びます。
■このブログに掲載されているイラスト作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は「はち」に、著作権は各イラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
いろ香/ネフティス
性別:
女性
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]